利用する目的とは

手を上げる女性

企業買収を利用する目的はどのようなものがあるかというと、企業を買収することによって自社の事業の規模を拡大することができる点です。買収を行うことによってその企業が持っている技術やノウハウ、取引先や顧客基盤、流通網などを手に入れることができます。既存事業をベースにしつつ事業を拡大することができるという特徴があります。他にも新規事業への効率的な進出を目的に企業買収をするケースも多いです。新たな事業に進出する場合、人材の確保や設備などが必要になりますが、企業買収を行えばそれらのものは予め用意されているので、リスクや時間をかけなくても確実に進出することができます。それによって自社単独で事業を進めていくより早く成長することができるので、成長スピードの加速を実感することが可能です。同業他社を企業買収することによって、業界内でのシェアの拡大にもつながります。

気をつけるべき点とは

男女

企業買収をする際に気をつけるべき点は、簿外債務の有無です。簿外債務とは企業の債務表に載っていない債務のことなのでしっかり調査することがポイントになります。もしこの簿外債務を知らないまま買収を進めてしまうと、後々のトラブルの原因になってしまう場合があります。したがって簿外債務は企業買収の大きなリスクの一つであるといえるので、しっかりと調査して簿外債務がある場合はリスクを避けることが大切です。社員やノウハウを譲り受けることができるのかを確認することもポイントになります。企業買収は主に経営陣の中だけで行われることが多いので、社員が納得しないまま話が進められてしまうことがあります。そうなると買収後の会社に社員がとどまってくれない恐れもあるので、それによって社員やノウハウが流出してしまう可能性もあるので注意が必要です。そうなると企業買収をした成果を十分に得られなくなってしまう結果になってしまうこともあるので、社員との意思疎通を図ることもポイントになります。社員やノウハウと同様に、取引先や顧客を譲り受けることができるのかも確認しましょう。企業買収では会社全部を買収しているので、取引先や顧客はそのまま譲り受けるケースが多いですが、場合によっては譲り受けられないこともあります。買収後にそのことがわかってもどうすることもできないので、事前にしっかり確認しておくことが大切です。これらのトラブルが発生すると事業の開始が遅れてしまうこともあるので注意しましょう。

広告募集中