HOME>イチオシ情報>実施することで得られる利点や実施する手段について

経営戦略として実施されることも

握手

経営戦略は将来に向けた企業の長期ビジョンのことをいいます。企業の将来を考えたときに、収益の柱をどこに置くか、どの部門をテコ入れしどこを整理するか、将来育てていくべき事業はどこか、などを考えることが経営戦略といえます。このような経営戦略を練るうえで、その理念を迅速に実現する手段の1つが企業買収です。例えば経営戦略の中に、企業全体と事業をどう編成するかというテーマがあったとします。これを実現するために企業買収を行って、企業全体の事業を組み替えてしまうのです。つまり、事業ポートフォリオ見直しのための手段として企業買収を実行します。そうすると、花形事業を育てることにもつながり、将来の金になる木にもなっていくのです。

伝統的な手法である合併

その他

企業買収には色々な種類がありますが、伝統的な手段が合併と呼ばれるものです。合併とは、2つ以上の会社が合併契約という特殊な契約によって、当事会社の一部あるいは全部が解散消滅し、消滅した会社の債務関係などが新設会社に継承されることです。また合併には2種類あり、1つはいずれか一方が解散して他方が存続する吸収合併、もう1つは会社が全部解散して新しい会社が設立される新設合併です。日本の場合、株券の交換手続きや証券取引所の規則などから、吸収合併の形で行われることが多いです。

リスクが少ない営業譲渡

男女

営業譲渡と呼ばれる手段も、企業買収の1つの形として注目されています。営業譲渡とは、譲渡会社がそれらの財産によってこれまで営んできた営業活動を、譲り受け会社が継承することです。営業譲渡のメリットとしては、当事者双方の合意に基づいて、譲渡の対象を自由に設定できる点にあります。そうすることで、不要な資産や負債は排除でき、隠れたリスクを回避させることができるのです。さらに、株主を継承させる必要性がないため、様々な手続きを省略することができます。

広告募集中